縫製不良で泣き寝入りはダメ。返品・交換で交渉する前の事前知識。

縫製不良で泣き寝入りはダメ。ショップと交渉する前の事前知識。 ファッション用語解説

気に入った洋服を買って帰ってきたら、何かおかしい。これって縫製不良なんじゃないの?

できればこんな経験したくないですが、実際に縫製不良に出くわすこともあります。「安かったから仕方ないか…」なんてあきらめるのはちょっと早い。その前に知っておきたい事前知識を専門学校講師の大倉が解説します。

縫製不良の種類

まず、縫製不良の種類にはどんなものがあるでしょうか?

  • 縫いほつれ
  • タック
  • 左右非対称
  • ピリつき・糸調子不良
  • ボタンが取れている
  • 寸法不良

ザっとこの位は縫製不良の種類があります。一つずつ見ていきましょう。

縫いほつれ

縫いほつれが一番分かりやすく、初期不良として認められやすい縫製不良です。縫い目からミシン糸が出ている事が多く、その部分がほつれています。軽く引っ張って見ると穴が空いている事を確認できるはずです。この時、思いっきり引っ張っるのはやめましょう。穴が大きくなると、故意に破いたとみなされるかもしれません。ほつれの確認程度に留めておくようにしましょう。

縫いこみ

余計な部分まで縫いこんであるのも、縫製不良の一つです。タックのようになっているのが特徴です。縫製している時に、予定と違う部分の生地まで巻きこんでしまいそのまま縫ったのが原因です。見た目に分かりやすいので、発見しやすいのではないでしょうか?

ボタンがとれている

ボタンが取れている場合も当然縫製不良の一部です。また、ほんの数回しか着ていないのにボタンが取れた場合も私は縫製不良だと考えます。なぜかというとボタンを付ける時の玉止めが原因だからです。この玉止めが上手くできていない時、ほんの数回で取れます。つまりは、初期不良が原因ってことですよね。この辺で、泣き寝入りしないようにしたいです。

ピリつき・糸調子不良

ピリ付きというと、なじみのない言葉だと思いますが、サテンや裏地などの光沢のある生地に起きやすい現象で、ギャザーがよったように見える状態です。ミシンの糸調子の不良が原因となるため、縫製不良の一種です。ただし、ブランドや洋服の価格帯によっては、不良とみなされない場合もあるかもしれません。

左右非対称・寸法不良

左右非対称も縫製不良の一部です。原因は様々ですが、型紙の段階では左右は対称になっています。その後の工程が原因で、裁断で裁ちずれてしまったのか、縫う人の癖で縫い伸ばしてしまったのか。様々な要因で起こるため、後から原因を特定するのは困難です。これもブランドや洋服の価格帯によっては、不良とみなされない場合もあるかもしれません。

以上、縫製不良と分かりやすいものから解説してみました。

で、これらは返品・交換できるのか?

で、これが実際に返品 ・交換できるのかどうかは、お店やブランドによって変わります。粗悪なものを提供してはいけないという高いポリシーを持っているブランドなら、返品にも応じてくれることでしょう。

お店やブランドによって変わるといっても、今は比較的容易に返品 ・交換の条件を調べる事ができます。

返品 ・交換の条件は、ネットショップなどに記載されている事が多いです。その為、まずは公式HPやオンラインショップで返品の項目をチェックしてみましょう。その返品の基準にあっていれば、交渉する価値ありです。

また、レビューなどで悪評を書かれる事をショップは嫌う傾向にあります。
実際手元にある商品の状態を、丁寧に説明し「返品 ・交換 に応じてくれればレビューなどには書きません。」と、約束すると成功率もアップするはずです。この方法で、「返品ができない商品です。」と書かれた商品で交渉に成功した事例を知っています。試す価値はあるはずです。

ということで、縫製不良と返品 ・交換について解説しました。参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました